×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルバイト探し

アルバイト探し研究

メニュー| アルバイト | 求職 | アルバイト探しの活動 |

求職

求職

求職をする場合に視覚を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出るのかと思いきや・・・それほどでもないようです。まあ、資格によって差がついてしまうのは確かですけど。

まあ中には資格がなければ出来ない仕事もありますけどね。弁護士とか医師とか。でもそういうのを別にすれば、資格さえ持っていれば必ず仕事が手に入るというわけじゃありませんし、視覚を持っていなければ仕事がないなんてこともありません。資格があれば仕事上有利になることは確かですけど、それがすべてではありません。

就職やアルバイト探しに役立つ資格も多いのですけどね。どれがいいのかはしっかり調べてみないといけません。

確かに資格には利点があります。でもそれは就職するまでの話であることが多いようです。就職してからは結局のところ実力が問われるというわけですね。

採用において、新卒の場合は可能性を重視するのでしょう。中途採用の場合は即戦力として期待されるわけですね。だからこれまでの実績と、スキルの証明たる資格は役に立つことでしょう。

求人をしている企業は、あなたの職歴や実績からスキルや能力を評価していきます。そしてその企業の求める採用基準を満たしているかどうかを分析するわけです。

自己分析をして自分の興味や自分の能力・スキル・経験・実績をすべて書き出しておきます。それから業界や業種、職種や企業について情報収集します。そうすると自ずと自分にあった職場、「自分のいるべき場所」がみえてきます。そこで初めて履歴書や職務経歴書を書き始めます。すでに自己分析は終わっているので履歴書や職務経歴書のネタには困りません。

新聞や雑誌に求人広告が載ると思いますが、それ以前に自分がアルバイト探しをねらっている会社の情報はいろいろ集めておくべきですね。一社に限らず。この段階では自分が会社から選んでもらうというより、自分が会社を選ぶ感じでいろいろ調べて候補を決めていくといいですね。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

履歴書や職務経歴書、自己PR文書をかんがみつつ採用担当者は書類選考をしていきますが、ご存知の通りここで思いっきり落としていきます。だってそんなにたくさんの人と面接できませんから。ということは就職やアルバイト探しにおいては気楽に見える書類選考こそ最難関であると言えなくもありません。

ということで就職やアルバイト探しについてでした。

就職・アルバイト探し活動ではまず自己分析。そして職種の研究。さらに業界や企業の情報収集。そこから自分の志望動悸をはっきりさせていきます。そうすると履歴書や職務経歴書、自己PR文書も書きやすくなりますね。採用の際の面接にも自信を持って臨むことができます。そしてそこまでやって不採用なら悔いはないはずです。

[PR]システムトレード FXクレジットカード 審査